【展示商談会@シドニー】埼玉県の伝統工芸品として「恋文」を出品していただきました。

2017/11/13に、シドニー中心部にあるグレース・ホテル・シドニー内の寿司割烹レストラン「ゴールドクラス達磨」にて展示商談会が開催されました。

その中で、埼玉県の伝統工芸品として弊社オリジナルの「恋文シリーズ」を出品していただきました。

 

埼玉県伝統工芸品_恋文_商談会@シドニー

 

 

埼玉県の伝統工芸が紹介された今回の展示商談会。

越谷の甲冑の技術を使ったボトルカバーやスマホケースもありました。

埼玉県伝統工芸品_恋文_商談会@シドニー

 

埼玉県伝統工芸品_恋文_商談会@シドニー

 

埼玉県伝統工芸品_恋文_商談会@シドニー

 

 

弊社の和紙と桐箱の「恋文シリーズ」は、海外の方にもユネスコ無形文化遺産登録されている貴重な手漉き和紙としてご覧いただきました。

埼玉県伝統工芸品_恋文_商談会@シドニー

 

 

ひな人形も。

埼玉県伝統工芸品_恋文_商談会@シドニー

 

 

桜の草木染めのストールや、オーロラ染めのポーチ、。特殊塗装技術を使ったスマホケースなど。

埼玉県伝統工芸品_恋文_商談会@シドニー

 

行田の足袋もありました。

埼玉県伝統工芸品_恋文_商談会@シドニー

 

鬼瓦も日本らしいですね。

埼玉県伝統工芸品_恋文_商談会@シドニー

 

 

後半はディナーショーも開催されたようです。

日本の素晴らしい手仕事をシドニーでも見ていただける場として、貴重なご機会をいただきました。

ありがとうございました。

埼玉県伝統工芸品_恋文_商談会@シドニー