AKI SPRAY PAINTさんに訊く画家ストーリー

「AKI SPRAY PAINT」さんにお話をお聞きしました。

「アートをもっと、気軽に」

はじめてそう考えたのは2018年の5月、オーストラリア メルボルンで行っていた路上パフォーマンスで、中学生くらいの男の子が自分の部屋に飾るからとおこづかいで僕の絵を買ってくれたときです。

アートで自分の部屋をデコレーションするということがこんなに小さな頃から、こんなにも身近なのかとカルチャーショックを受けました。

日本でもアートを生活に取り入れる、そんな習慣が浸透すればもっとみんなが豊かになるのではないか。そんな思いで、さまざまな作品を提案しています。

ー AKI SPRAY PAINT さん。作家名「 AKI SPRAY PAINT 」の由来は何ですか?

ニックネームの”あき”(AKI)と、技法のスプレーペイント(SPRAY PAINT)からです。

ーなるほど、覚えやすいですね!

ー作家活動を始められたきっかけは何だったんですか?

趣味で描いていた絵が本職になりました。

ー趣味で絵を描かれていたなんて、生まれながらのアーティスト肌だったんですね!もともとの感性と、楽しく進めてきた絵。それが本業になるって素敵ですね。もちろん色々な努力もされてきたと思いますが、楽しく活動されている姿が想像できます!

ー扱う素材や技法について教えてください。

スプレーアートでグラデーションを活かした作品をつくります。

ーAKIさんの特徴のグラデーションですね!ファンタスティックで素晴らしいです~。絶妙な色合いと黒のコントラストがいですね!

ー制作で一番難しいところは何ですか?

スプレーが乾燥するまでの短い時間に仕上げる必要があったり、直す事のできない一発勝負があるところです。

ーそうなんですね!一発勝負は自分との闘いですね。最後まで集中力を要しそう~。

ー AKI SPRAY PAINT さんご自身について教えて欲しいのですが、ご自分の一番好きなところは何ですか?

悠々自適なところです。

ー心の向くままに過ごせるのは、自信と強さの表れだと感じます。それだけの努力をされてきたから言える言葉かもしれませんね!

ーすでに素晴らしい経歴をお持ちですが、これからの野望は何ですか?

もっと、アートや絵画といったものが、敷居の高くない、気軽なものとして広まってほしい!

ーそのために様々な活動を行っているんですね。フットワーク軽く楽しそうに!それが私の受けるAKIさんの印象です。

AKI SPRAY PAINT
SCHOOL AKI SPRAY PAINTでは東京都心から約20km、埼玉県三郷市ピアラシティ内にある大型画材店 VC’s三郷店様にてスプレーアート教室を開講しています。教室では初心者の方でもわか...

ー 色々伺えてAKI SPRAY PAINT さんがますます好きになりました。これからも応援しています。どうもありがとうございました!

▶ AKI SPRAY PAINT さんの今後の活躍については、下記サイトリンクやSNSをご覧ください。

つかだけいこ

店舗様・商業施設様へ卸・委託販売も行っております。お問い合わせはこちらから、お気軽にどうぞ。

目次
閉じる